港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

尿検査について

掲載日2016-04-13

 当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。

尿蛋白が陽性

タンパク質というのは生体にとってはとても貴重な物質なので本来は、尿中に漏れることはありません。ですので、糖尿病などで、腎臓機能の低下時に陽性となります。腎機能低下をみる一つの指標になります

尿潜血が陽性

 腎臓内科が扱う腎炎などの病気の疑いと、泌尿器科が扱う尿結石などの疑いや、まれに腎臓や膀胱の腫瘍が見つかる場合があります。どちらなのか鑑別が必要であり、精査のため 腹部エコーでの精査や腎臓内科もしくは、泌尿器科を紹介することもあります。

尿糖が陽性

 、尿から糖分が検出されます。しかし、尿糖が検出されなかったとしても、糖尿病ではないとはかぎりません。また最近では、糖尿病の治療薬の中には、あえて、尿糖をたくさん出すことにより、血糖を低下させ、糖尿病を改善する薬もあります(SGLT2阻害薬)

Q: 尿糖がでていると 糖尿病なのでしょうか?
A: 糖尿病という病名のため、尿に糖が出ることが糖尿病だと、みなさんよく勘違いされますが、これは正しくありません。糖尿病であっても、尿糖が出ない場合もあり 逆に尿糖が出ていても糖尿病でないこともあります。だからといって、尿糖を測る意味がないわけではありません。本当に健康に近い状態であれば食後といえども尿糖はでません。また、最近では糖尿病の薬でSGLT2阻害薬は薬の力で尿糖を増やし血糖値を下げようという薬もあります

ちなみに

 「糖尿病」の名前の由来は、血糖の測定ではなく、患者の様態からつけられたもので、西暦2世紀頃にさかのぼります。 飲んだ水がどんどん尿となって出てくる患者が、絶え間なく水が流れるサイフォンと同じだということで、ギリシャ語で 「通り過ぎてしまう」 という意味の 「サイフォン」 という名称がつきました。

 これがラテン語の「ダイヤベテス(Diabetes)」となり、蜂蜜のように甘いことを意味する言葉であるmellitusと一緒になって diabetes mellitus という言葉が誕生しました。

 1674年に、この尿が蜜のように甘いということが分かり、日本に初めてこの病気の名称が紹介されたとき、「蜜尿病」と訳されました。やがてその甘さがグルコース(ブドウ糖)によるものということが分かり、1907年第4回日本内科学会講演会後に「糖尿病」に統一されたという経緯があります。

 国際糖尿病学会が日本ではじめて開催された1994年に記念切手が発行されています。その切手にはインスリンの結晶とともに藤原道長の肖像がデザインされています。これは、日本で記録に残っている最初の糖尿病患者が藤原道長とされているからです。

関 連 記 事

低血糖 対処法

2016.08.03

 まず、低血糖かな?と思ったらすぐに糖分を取りましょう。吸収のよい糖質10g(ブドウ糖、砂糖、ジュース)を摂り安静にします。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、第二報です。

2016.07.29

 2週間の血糖の推移を週間のサマリー、Dailyのサマリーにてみていきます。またDailyサマリでは、どうして血糖が上がったのか?下がったのか?糖尿病専門の私なりにその日の生活、食事を踏まえて解説してみました。 ...もっと見る

非接触の新しいタイプの血糖測定器

2016.07.01

フリースタイルLibreを手に入れました。これの何がすごいかというと、腕に貼り付けたパッチに機械をかざすだけ(非接触)で、血糖値をリアルタイムで測定することができます。 ...もっと見る

フリースタイルLibre 装着編

2016.07.01

フリースタイルLibreを手に入れました。Libreの装着方法をまとめてみました。 ...もっと見る

低血糖

2016.06.20

『低血糖には注意しましょう』『低血糖にならないように、薬を飲んでいる方は注意しましょう』とよく先生から外来の時に言われると思いますが実際、低血糖とはどういうもので、どういう状態なのでしょうか?...もっと見る

シックデイとシックデイルール

2016.05.25

糖尿病の方で発熱や下痢、嘔吐をきたし、食欲低下をした場合にシックデイと言います。通常、血糖コントロールが良好であった方でも このようなシックデイでは、一般に一時的に血糖が上がることが多いです。シックデイの時の対処をシックデイルールと言います。シックデイの際には適切なインスリン・経口薬の減量を行うことが、低血糖の予防になります。 ...もっと見る

ペン型でない、インスリン注射デバイス、イノレットについて

2016.05.11

高齢化が進み、独居の方が増えています。認知症や脳梗塞で片麻痺、また視力低下が起きる中、現在週一回のGLP1製剤などもあり、訪問看護師さんに打ってもらうなどして対応している方もいます。しかしインスリンを打ち続けないといけない方々もいます。そんな時どうするか?そんな方への、選択の一例を示します。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル No.2

2016.04.24

続)災害時マニュアルです。食事に関しての注意事項とそれぞれの薬剤の注意点をまとめています。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル

2016.04.20

地震など災害(洪水等も)に遭遇した際に、糖尿病の方が生き延びる備えや、その時どうすればいいか考えておく必要があります。 ...もっと見る

img src="image/new.gif">インスリンのQ&Aをまとめてみました。

2016.02.26

先生からそろそろインスリンと言われた時、心配になると思います。その際のよくあるインスリンについてのQ&Aをまとめてみました。...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

2016.02.17

糖尿病の患者さんは来院時に空腹時血糖値とヘモグロビンエーワンシーを測ることが多いと思います。これはどのような意味を持っているのでしょう。意味を知っていると糖尿病の付き合い方も変わってきますよ。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

2016.01.07

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

糖尿病について最初のお話

2015.04.02

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...もっと見る

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのですか?

2015.04.02

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのでしょうか?糖尿病は体に良くないから、おしっこに糖が出るから、糖尿病で来られる方の大半は特に何のつらいこともないのになぜ?という方ばかりです。...もっと見る