港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

FreeStyle Libre

掲載日2016-07-01

新しいタイプの血糖測定器

 フリースタイルLibreを手に入れました。

 糖尿病の方で、インスリン注射をしている方では、血糖値測定をしている方がいます。(1型糖尿病の方は特にその血糖測定の回数は多くなります) 今までは指先などを小さい針で穿刺し、血を少し絞り出し、その血液で血糖を測定していました。これに関しても現在は穿刺器具も最近は痛みが少なく、またセンサーもより少量の血液で短時間に計測できるようになってます。 ただ穿刺→血液をセンサーへという流れは変わりませんでした。

 このLibre(リブレ)の何がすごいかというと腕に貼り付けたパッチに機械をかざすだけ(非接触)で、血糖値をリアルタイムで測定することができます。さらに、2週間の間ずーっと血糖を測り続けることができます。毎回の穿刺の煩わしさはありません。  1型糖尿病の方だけでなく、2型糖尿病の方や、糖尿病の薬の効果を目で観て評価できるという点でも今後の糖尿病の治療を変える可能性が十分あります。

(UKバージョン)(注意 イギリスでは血糖の単位はmmol/L で日本での mg/dLと単位が違います。 だいたいmmol/Lを18倍すると日本の血糖の数字になります。)

SUICAでも使われているフェリカの原理を利用しているようです。
これがパッチです。
このようにかざすだけで血糖値を読み取ります。

 服の上からでも、測定できます。今までのように指に針を刺す必要がないため痛みがまったくなく、血糖を何度も測れます。また下の写真のように、現在血糖が下がっている途中なのか➘、上がっている途中なのか➚がわかり、1型の人で上昇傾向なら、早めに追加インスリンを打つこともできます。低下傾向なら低血糖を防ぐため早めに食事やブドウ糖を摂取することもできます。

血糖 7.8mmol/L⇒140.4mg/dl
血糖 6.5mmol/L⇒117mg/dl

また今までのように指先での血糖も同じ機械で測れるので、パッチでの血糖(組織液なのですこしタイムラグがあるようです。CGMでも言われていましたが)指先での血糖のギャップも調べることも同じ機械でできます。チップを専用のものを使うことで血中のケトン体も測れます CGMで1日数回必要になった指先血糖での補正の必要もありません。センサーの寿命は2週間、15分おきに血糖値が記憶され2週間分の動きもわかります。センサーは貼り付けたまま入浴も水泳も可能です。

現在日本でも 発売準備中とのことで、今後、患者さんにも試していただこうと考えております。

 関 連 記 事

焼肉やガリガリ君、ケーキ、ハーゲンダッツではたして血糖はどのくらい上がるのでしょうか?

ガリガリ君、ハーゲンダッツ、ケーキ、焼肉と食べて、血糖値の変化の比較をしてみました。クイズ形式になっているので、挑戦してみてください。...もっと見る

低血糖 対処法

2016.08.03

 まず、低血糖かな?と思ったらすぐに糖分を取りましょう。吸収のよい糖質10g(ブドウ糖、砂糖、ジュース)を摂り安静にします。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、第二報です。

2016.07.29

 2週間の血糖の推移を週間のサマリー、Dailyのサマリーにてみていきます。またDailyサマリでは、どうして血糖が上がったのか?下がったのか?糖尿病専門の私なりにその日の生活、食事を踏まえて解説してみました。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、私の結果です。

2016.07.21

 2週間の血糖の推移をよりわかりやすく、観ることができます。糖尿病の方だけでなく、境界型糖尿病の方や、他の生活習慣病のかた、現在健康な方でも役立つかもしれません。 ...もっと見る

フリースタイルLibre 装着編

2016.07.01

フリースタイルLibreを手に入れました。Libreの装着方法をまとめてみました。 ...もっと見る

低血糖

2016.06.20

『低血糖には注意しましょう』『低血糖にならないように、薬を飲んでいる方は注意しましょう』とよく先生から外来の時に言われると思いますが実際、低血糖とはどういうもので、どういう状態なのでしょうか?...もっと見る

シックデイとシックデイルール

2016.05.25

糖尿病の方で発熱や下痢、嘔吐をきたし、食欲低下をした場合にシックデイと言います。通常、血糖コントロールが良好であった方でも このようなシックデイでは、一般に一時的に血糖が上がることが多いです。シックデイの時の対処をシックデイルールと言います。シックデイの際には適切なインスリン・経口薬の減量を行うことが、低血糖の予防になります。 ...もっと見る

ペン型でない、インスリン注射デバイス、イノレットについて

2016.05.11

高齢化が進み、独居の方が増えています。認知症や脳梗塞で片麻痺、また視力低下が起きる中、現在週一回のGLP1製剤などもあり、訪問看護師さんに打ってもらうなどして対応している方もいます。しかしインスリンを打ち続けないといけない方々もいます。そんな時どうするか?そんな方への、選択の一例を示します。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル No.2

2016.04.24

続)災害時マニュアルです。食事に関しての注意事項とそれぞれの薬剤の注意点をまとめています。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル

2016.04.20

地震など災害(洪水等も)に遭遇した際に、糖尿病の方が生き延びる備えや、その時どうすればいいか考えておく必要があります。 ...もっと見る

糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています

2016.04.13

当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。 ...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

2016.02.17

糖尿病の患者さんは来院時に空腹時血糖値とヘモグロビンエーワンシーを測ることが多いと思います。これはどのような意味を持っているのでしょう。意味を知っていると糖尿病の付き合い方も変わってきますよ。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

2016.01.07

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

糖尿病について最初のお話

2015.04.02

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...もっと見る

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのですか?

2015.04.02

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのでしょうか?糖尿病は体に良くないから、おしっこに糖が出るから、糖尿病で来られる方の大半は特に何のつらいこともないのになぜ?という方ばかりです。...もっと見る