睡眠モニターを比較してみました。


Date Posted: 2015-10-05

今回は、UPとWithings ActivitePopとの比較を行いました。

UP

そのまま寝入っても、それでも睡眠をモニターできますが、8月20日のように、寝入るまでの時間はN/Aとなり計測できません。 しかし就寝時に睡眠モードに切り替えることでより正確に、睡眠までの時間を記録することができます。(以前の記事参照) WithingsのActivitePopでは、スイッチもなく自動で計測するようですが、UPと比較して寝入るまでの時間の計測は不得手のよう感じます また浅い眠り、深い眠りのモニターについても、ばらつきが認められます。
UPは、より詳細に睡眠分析したい場合(寝入るまでの時間の計測や)や、 iPhoneのヘルスケアというアプリとの連動したい人にはお勧めです。 電池の持ちは約14日です。
パワーナップモード(仮眠モード)があります。(以前の記事参照) 振動で起こすアラームは曜日によって時間を細かく設定できます。

Withings ActivitePop

できるだけ何もしないで、ただつけているだけでモニターしてほしい人(寝る前にモード切替するなど面倒な人)、 Withingsの体重計などを持っており連動したい人にお勧めです。 また、電池の持ちは約8ヶ月(ボタン電池)もあり、充電が面倒な人にもお勧めです。
仮眠モードはありません。アラームは曜日によって時間を変えるなど細かくはできません。 ちなみにUPの方は、歩数、睡眠分析はiPhoneのヘルスケアというアプリに導入し管理できます。

睡眠についてQ&A 不眠でよく聞く話 >>
良い睡眠をしていますか? >>