港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

H.pylori除菌 除菌判定について

掲載日2016-09-01

胃カメラ(上部消化管内視鏡)時にピロリ検査も同時にしましょう。内視鏡時にピロリ菌は見つかった際には、保険適用にて除菌治療ができます。

 除菌治療には1次除菌、2次除菌までは保険で承認されています。2016年4月現在 保険で承認されている1次除菌治療、初回の除菌治療では表は1~3の3剤を朝・昼食後に7日間経口投与します。

 現在はセットになっているものもあります。それは、ボノサップ400(下記写真)・800、ラベキュア400(下記写真)・800などです。

 1回目の除菌療法で除菌できなかった場合は、再び7日間かけて薬を飲んで、2回目の除菌療法を行います。2種類の「抗菌薬」のうち1つを初回とは別の薬に変えて(クラリスロマイシン→メトロニダゾール)、再び除菌を行います。2次除菌においては、メトロニダゾールの相互作用として、除菌療法中の飲酒は避けましょう。

 すべての治療が終了した後、4週間以上経過してから、ピロリ菌を除菌できたかどうかの検査を行います。この検査でピロリ菌が残っていなければ、除菌成功です。 1回目の除菌療法の成功率は75%、2回目の除菌療法までなら成功率は95%を超えます。

確実な除菌のために

 指示されたお薬は必ず服用することです。確実にピロリ菌を除菌するために、除菌療法を成功させるためのコツは、指示されたお薬は必ず服用することです。 自分の判断でお薬をのむのを中止したり、お薬をのみ忘れたりすると、除菌がうまくいかず、治療薬に耐性をもったピロリ菌があらわれて、薬が効かなくなることがあります。

除菌治療を行う場合で留意点

 7日間きちんと飲みきることが大切です!!途中で内服し忘れたり、中断すると除菌が不完全なままになりかえって抗生物質に対する耐性を持ってしまう恐れがあります。

副作用

下痢

~軟便や軽度の下痢の場合は~
1回の除菌治療で確実にピロリ菌を除菌するために、継続して最後まで薬を服用することが望ましいです(先生と相談しましょう)

~それでも下痢が悪化する場合~
内服を続けることで下痢があったするようであれば投与を中止して医師に相談してください

味覚異常

 異味感、苦味を含む味覚異常はいずれも軽度であることがほとんどです。服薬中止により症状は改善することがほとんどです。

アレルギー反応

 まれに薬による薬物過敏症がある場合があります。

除菌判定時の検査法について

 除菌判定時の検査法としては最も信頼性が高い尿素呼気試験を勧めます。尿素呼気試験法は感度・特異度に優れ、またサンプリングエラーの少ない検査法です。 更に確実性を上げるため、除菌後6週間以上あけてからの判定検査をお勧めします。

 関 連 記 事

胃カメラ検査

胃カメラ検査は苦しい・辛い”というイメージを持っていませんか?最近では内視鏡検査の技術も装置も進歩し、従来と比べラクに検査できるようになってきています。 ...もっと見る

肺炎球菌ワクチン

成人の肺炎球菌ワクチンが定期予防接種になりました。対象年齢が65歳から70歳、75歳と5歳きざみです。その肺炎球菌ワクチンには、現在日本で2種類あるのはご存知でしょうか?...もっと見る

肺炎球菌について

肺炎球菌による感染症にかかることが多いのは、5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児や65歳以上の方です。 5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児では免疫機能が未発達のため肺炎球菌に対してうまく免疫が働きません。...もっと見る

低血糖

『低血糖には注意しましょう』『低血糖にならないように、薬を飲んでいる方は注意しましょう』とよく先生から外来の時に言われると思いますが実際、低血糖とはどういうもので、どういう状態なのでしょうか?...もっと見る

シックデイとシックデイルール

糖尿病の方で発熱や下痢、嘔吐をきたし、食欲低下をした場合にシックデイと言います。通常、血糖コントロールが良好であった方でも このようなシックデイでは、一般に一時的に血糖が上がることが多いです。シックデイの時の対処をシックデイルールと言います。シックデイの際には適切なインスリン・経口薬の減量を行うことが、低血糖の予防になります。 ...もっと見る

ペン型でない、インスリン注射デバイス、イノレットについて

高齢化が進み、独居の方が増えています。認知症や脳梗塞で片麻痺、また視力低下が起きる中、現在週一回のGLP1製剤などもあり、訪問看護師さんに打ってもらうなどして対応している方もいます。しかしインスリンを打ち続けないといけない方々もいます。そんな時どうするか?そんな方への、選択の一例を示します。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル No.2

続)災害時マニュアルです。食事に関しての注意事項とそれぞれの薬剤の注意点をまとめています。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル

地震など災害(洪水等も)に遭遇した際に、糖尿病の方が生き延びる備えや、その時どうすればいいか考えておく必要があります。 ...もっと見る

糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています

当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。 ...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

糖尿病の患者さんは来院時に空腹時血糖値とヘモグロビンエーワンシーを測ることが多いと思います。これはどのような意味を持っているのでしょう。意味を知っていると糖尿病の付き合い方も変わってきますよ。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのですか?

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのでしょうか?糖尿病は体に良くないから、おしっこに糖が出るから、糖尿病で来られる方の大半は特に何のつらいこともないのになぜ?という方ばかりです。...もっと見る

糖尿病について最初のお話

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...もっと見る