港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのですか?

掲載日: 2015-04-02

 そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのでしょうか? と、まず初めに患者さんに私は聞くことにしています。

 ちなみに皆さんならどう答えますか? 糖尿病は体に良くないから、おしっこに糖が出るから、糖尿病で来られる方の大半は特に何のつらいこともないのになぜ? という方ばかりです これが、がんなら、良くしてもっと生きたいとか、腰痛なら痛みをなくしたいとか、風邪なら喉の痛み、熱、咳をなくしたいなど、皆さん良くする目的がわかりやすく、良くしたいという意識が強いのですが  糖尿病は自らの症状がもともとないことが多く、良いか悪いかも血液検査の数値に頼らざるえないため、良くする目的や意識が弱くなりがちです。ですので初めの問いに答えることは難しいのです。

 私は、まず患者さんに『つつがなく(※)人生を楽しんでいくためですよ。』と話します。これには二つの意味があります。一つは合併症を減らすことで、つつがなく暮らすという意味。糖尿病そのもの自体で命を落とす人は少ないのです。ではどうして糖尿病が良くないかというと、糖尿病で心筋梗塞や狭心症になったり、脳梗塞になったり、失明の危険が上がったり、腎臓が悪くなったり、足がしびれたり痛んだりします。これらをいわゆる合併症と言います。実は糖尿病は、全身の血管をボロボロにする病気なのです。

 人間の体は髪の毛など一部の組織以外すべて血管で養われています。例えば水道管が穴だらけだったら、洗濯、お風呂、料理もできなくなり不自由になります。(災害時を思いだしてください)ヒトの体でそれに相当する血管がボロボロなれば、様々なことが起きてしまうのです。最近では認知症、がん、うつ病、骨折、歯周病にもなりやすいことがわかってきました。 どれも命を落とすかもしくは、良い日常が過ごせなくなくなるような病気を引き起こす糖尿病は悪の権化、仮面ライダーで言えばショッカー、バットマンで言えばジョーカーのようなものだからです。ボスを倒さなければ、平和がやってこないように、糖尿病をコントロールしないと、そのために起きる病気(合併症)だけに立ち向かっても限界があります。

 もう一つは糖尿病改善自体を目的にしない、あくまで楽しく人生を歩んでいくことが目的で、糖尿病を良くするのはその手段であるということ。糖尿病は良くなったが、その代わりに楽しい食事、友人との会食、趣味をあきらめるでは人生はハッピーになりません。目的と手段が反対では本末転倒です。

 そんな糖尿病ですが、付き合っていく理由がわかれば、孫子の兵法の『敵を知り、己を知らば、百戦危うからずです』。次のステップは『良くしなけらばならないことはわかったけど、でもそのためには食べたいものを我慢して、我慢してつらいことばかりではないの?』という問いに対して、できるだけ楽しく付き合っていくことを考えましょう

 それについてはまた次回をお楽しみに!

※「つつが」は病気や災難を意味する「恙(つつが)」で、漢字は「恙無い」「恙無く」と書く。

関 連 記 事

低血糖 対処法

 まず、低血糖かな?と思ったらすぐに糖分を取りましょう。吸収のよい糖質10g(ブドウ糖、砂糖、ジュース)を摂り安静にします。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、第二報です。

 2週間の血糖の推移を週間のサマリー、Dailyのサマリーにてみていきます。またDailyサマリでは、どうして血糖が上がったのか?下がったのか?糖尿病専門の私なりにその日の生活、食事を踏まえて解説してみました。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、私の結果です。

 2週間の血糖の推移をよりわかりやすく、観ることができます。糖尿病の方だけでなく、境界型糖尿病の方や、他の生活習慣病のかた、現在健康な方でも役立つかもしれません。 ...もっと見る

非接触の新しいタイプの血糖測定器

フリースタイルLibreを手に入れました。これの何がすごいかというと、腕に貼り付けたパッチに機械をかざすだけ(非接触)で、血糖値をリアルタイムで測定することができます。 ...もっと見る

フリースタイルLibre 装着編

フリースタイルLibreを手に入れました。Libreの装着方法をまとめてみました。 ...もっと見る

低血糖

『低血糖には注意しましょう』『低血糖にならないように、薬を飲んでいる方は注意しましょう』とよく先生から外来の時に言われると思いますが実際、低血糖とはどういうもので、どういう状態なのでしょうか?...もっと見る

シックデイとシックデイルール

糖尿病の方で発熱や下痢、嘔吐をきたし、食欲低下をした場合にシックデイと言います。通常、血糖コントロールが良好であった方でも このようなシックデイでは、一般に一時的に血糖が上がることが多いです。シックデイの時の対処をシックデイルールと言います。シックデイの際には適切なインスリン・経口薬の減量を行うことが、低血糖の予防になります。 ...もっと見る

ペン型でない、インスリン注射デバイス、イノレットについて

2016.05.11

高齢化が進み、独居の方が増えています。認知症や脳梗塞で片麻痺、また視力低下が起きる中、現在週一回のGLP1製剤などもあり、訪問看護師さんに打ってもらうなどして対応している方もいます。しかしインスリンを打ち続けないといけない方々もいます。そんな時どうするか?そんな方への、選択の一例を示します。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル No.2

続)災害時マニュアルです。食事に関しての注意事項とそれぞれの薬剤の注意点をまとめています。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル

地震など災害(洪水等も)に遭遇した際に、糖尿病の方が生き延びる備えや、その時どうすればいいか考えておく必要があります。...もっと見る

糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています

当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。...もっと見る

インスリンのQ&Aをまとめてみました。

先生からそろそろインスリンと言われた時、心配になると思います。その際のよくあるインスリンについてのQ&Aをまとめてみました。...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

糖尿病の患者さんは来院時に空腹時血糖値とヘモグロビンエーワンシーを測ることが多いと思います。これはどのような意味を持っているのでしょう。意味を知っていると糖尿病の付き合い方も変わってきますよ。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

糖尿病について最初のお話

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...もっと見る