UP24 活動量計 パワーナップ機能について


掲載日: 2015-01-13

 UP24はその人の睡眠リズムに合わせて、深い眠りになる前に仮眠から起こすパワーナップ機能があります。パワーナップとは ≒昼寝 シエスタのようです。しかし厳密には違うようでウィキペディアにはつぎのように書かれています。http://ja.wikipedia.org/wiki/パワーナップ

パワーナップ (power-nap) とは、一般的に15~30分程度の短い仮眠のことである。この用語はコーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースによる造語である。時間あたりに対する睡眠の効用を最大化する睡眠法とされている。キャットナップとも呼ばれる。 このタイプの睡眠パターンは多相睡眠法(一日に必要な睡眠時間を短く分割して取る方法)と関連してはいるが、どちらかといえば通常の睡眠の不足分を補うために用いられている。特に睡眠不足が蓄積してしまっている人に効果的といわれている。

 昼に25~30分以内の仮眠(パワーナップ)は仕事の効率を上げるようです。企業や高校でも採用しているところもあります。経験的に、昼の移動の際、電車だと20分くらい寝ることもありますがそのあと調子がいいのもそのせいかもしれません。私もたまにこの機能を利用してますがもっとうまく使うと、午後のパフォーマンスをもっとあげられるのかもしれません。現在自分で実験中です。

写真1