栄共済病院の新棟内覧会に行ってきました。


掲載日2016-09-11

栄共済病院の新棟内覧会に行ってきました。(2018年9月1日)

栄共済病院は、栄区はもちろん、上大岡、港南中央、上永谷、港南台など港南区、また磯子、杉田、新杉田、洋光台など磯子区 いわゆる横浜南部地区に大船などの鎌倉地区も含めて患者さんが集まってくる総合病院です。当院も糖尿病内科や消化器内科はもちろん 他 循環器内科、腎臓内科、また外科とあらゆる科に助けていただいております。 9月1日にその栄共済の新棟内覧会があったので行ってきました。

新しい正面玄関 まだ写真の右のほうが完全ではないですが、もっときれいになり、さらにバスのロータリもできるようです
エントランスには薬局や薬剤師会、また近隣の開業医、また港南区医師会、栄区医師会のお花がずらり
新棟病棟の一番いい正面のところに 病棟での患者さんのご家族らが休憩するラウンジがありました
眺めはこんなです
病棟ナースステーション
病棟大部屋 1部屋4名ほか個室や特別個室もあります
こちらは特別個室
集中治療室
意外に懐かしく感じる人もいるエアシューター 検体の速やかな搬送に使います
外来棟は2階になります。まだ患者さんの外待合、まだ椅子等の備品が入っていないのですごく広く感じます
2階の外来棟から1階のエントランスへ エントランスは吹き抜けです
2階には外来の隣にセブンイレブンも入ります
またパン屋さんもあり、イートインできるスペースもありました

栄共済新棟での外来の開始は2018年9月18日です。 われわれ開業医にとりましては、済生会南部病院とともに横浜栄共済病院は、いつもかかりつけの患者さんで精密検査など必要になった際や、急変した際の救急対応でとてもお世話になっております。こうした中核病院のバックアップがあるので安心して診療できております。今回の新棟移転はそういう意味でも近隣の開業医の先生にも心強い限りです。 9月18日が楽しみです!

長年使われてきた玄関も その役目を終えます。(これはこれで今見ると趣深いのですが)