港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

きのこ特集

掲載日2016-10-28

 秋の気配を感じるこの頃です。 食卓にも秋を乗せましょう。きのこは食物繊維がたっぷり!しかもローカロリーです。 価格が安定していますね。

 食物繊維には

  • 便秘の解消
  • コレステロール値を下げる
  • 大腸がんの予防
  • 腸内の善玉菌を増やす
  • ダイエットに役立つ
  • 糖尿病を予防する

 など様々な効果があると言われています。

きのこ それぞれの特徴

しいたけ

 レンチナン(多糖類の一種、香り成分)とエリタデニン(遊離アミノ酸)という成分が含まれ、レンチナンには免疫力を高め風邪などのウイルス性の病気に対する抵抗力がつくだけでなく、癌細胞の増殖を抑える作用があると言われています。 エリタデニンは食物繊維との相乗効果によりコレステロールを強力に下げるとも言われています。また血圧を下げ安定させる効果も確認されています。

なめこ

 なめこに含まれるぬめり成分はムチン(糖タンパク質)とペクチン(食物繊維)で、ムチンはオクラのぬめり成分と同じで、タンパク質の消化、吸収をよくする作用があり、また、胃の粘膜を保護する作用もあります。

まいたけ

 グルカン(糖質の一種)が含まれ、体内の有害物質を吸着して排泄する働きがあり、また、がんの増殖を抑えると言われています。

その他

 しめじ・えのきだけなどきのこ類にはビタミンB1,B2、ビタミンDなどが含まれ、 ビタミンB1,B2、は、糖質やタンパク質の代謝に関わり疲労回復、皮膚の粘膜を守るなどの作用があります。 ビタミンDにはカルシウムの吸収をよくする働きがあります。

きのこは良いことがいっぱい

 きのこのすき焼きやきのこ汁などでたっぷり食べましょう。 でも、きのこだけではダメですよ~ やはり食事は 主食+主菜+副菜の組み合わせを忘れずに!!

 関 連 記 事

焼肉やガリガリ君、ケーキ、ハーゲンダッツではたして血糖はどのくらい上がるのでしょうか?

ガリガリ君、ハーゲンダッツ、ケーキ、焼肉と食べて、血糖値の変化の比較をしてみました。クイズ形式になっているので、挑戦してみてください。...もっと見る

糖質の入っていない炭酸(炭酸水)の特集

糖尿病の方もそうでない方も、境界型や糖尿病の気がある人、正常な方でも、できるだけ飲料水で糖質をとるのは控えたいものです。...もっと見る

胃カメラ検査

胃カメラ検査は苦しい・辛い”というイメージを持っていませんか?最近では内視鏡検査の技術も装置も進歩し、従来と比べラクに検査できるようになってきています。 ...もっと見る

肺炎球菌ワクチン

成人の肺炎球菌ワクチンが定期予防接種になりました。対象年齢が65歳から70歳、75歳と5歳きざみです。その肺炎球菌ワクチンには、現在日本で2種類あるのはご存知でしょうか?...もっと見る

肺炎球菌について

肺炎球菌による感染症にかかることが多いのは、5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児や65歳以上の方です。 5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児では免疫機能が未発達のため肺炎球菌に対してうまく免疫が働きません。...もっと見る

低血糖

『低血糖には注意しましょう』『低血糖にならないように、薬を飲んでいる方は注意しましょう』とよく先生から外来の時に言われると思いますが実際、低血糖とはどういうもので、どういう状態なのでしょうか?...もっと見る

シックデイとシックデイルール

糖尿病の方で発熱や下痢、嘔吐をきたし、食欲低下をした場合にシックデイと言います。通常、血糖コントロールが良好であった方でも このようなシックデイでは、一般に一時的に血糖が上がることが多いです。シックデイの時の対処をシックデイルールと言います。シックデイの際には適切なインスリン・経口薬の減量を行うことが、低血糖の予防になります。 ...もっと見る

ペン型でない、インスリン注射デバイス、イノレットについて

高齢化が進み、独居の方が増えています。認知症や脳梗塞で片麻痺、また視力低下が起きる中、現在週一回のGLP1製剤などもあり、訪問看護師さんに打ってもらうなどして対応している方もいます。しかしインスリンを打ち続けないといけない方々もいます。そんな時どうするか?そんな方への、選択の一例を示します。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル No.2

続)災害時マニュアルです。食事に関しての注意事項とそれぞれの薬剤の注意点をまとめています。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル

地震など災害(洪水等も)に遭遇した際に、糖尿病の方が生き延びる備えや、その時どうすればいいか考えておく必要があります。 ...もっと見る

糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています

当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。 ...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

糖尿病の患者さんは来院時に空腹時血糖値とヘモグロビンエーワンシーを測ることが多いと思います。これはどのような意味を持っているのでしょう。意味を知っていると糖尿病の付き合い方も変わってきますよ。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのですか?

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのでしょうか?糖尿病は体に良くないから、おしっこに糖が出るから、糖尿病で来られる方の大半は特に何のつらいこともないのになぜ?という方ばかりです。...もっと見る

糖尿病について最初のお話

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...もっと見る